LIFEPORT

人生に良い悪いはない。来た道進む先が違うだけ。

IELTS Writing(ライティング)TASK1おすすめの書き方【主語のバリエーション】

f:id:ayame253:20170427155831j:plain

IELTS Writing(ライティング)の書き方の中で
文章の書き始めとなる主語についてまとめます

IELTS TASK1の早く書くコツ【主語のバリエーション】

IELTSでは本当に色んな部分で書く手が止まります

その中で今回は主語に注目します
たった6パターンを覚えるだけでぐっとライティングの幅が広がるので
ぜひ活用してみて下さい

1:主語がthere be

There is ~「~があった」は非常に使い勝手が良いです

Example

例1:there is the increase in the number of

例2:there are ◯ million of American people choosing rice

2:主語が数字

数字は①パーセントか②値③割合が使えます

Example

例1:◯% of American people who choosed rice

例2:◯ million of American people who choosed rice

例3:a half of American people who choosed rice

例4:A total of ◯ million of American people choosed rice

3:主語が変化の結果(=動詞)

There構文から上手く書き換えが出来ます

There is an increase in ・・・ ⇔ An incerase can be seen in ・・・

Example

例1:A rapid increase can be seen in the number of American people

例2:A small drop can be seen in the number of American people

4:主語が名詞(=目的語)

例えば、朝食の主食の消費だったり、交通機関別の交通量のグラフの場合、

お米なら「食べられる」「選ばれる」

バスなら「利用される」「選ばれる」

このように受動態になります

IELTSのライティングでは構文の種類が加点になるため、
名詞を主語にするだけで、構文の種類は増えるし加点対象になります

Example

Rice was choosen by almost one third of American people

5:主語がthe figures for

このfigures forも便利です。何にでも使えます
forまでを一括りとして覚えておくと良いです

「~の数値は・・・・」という文章を作ることが出来ます

Example
the figures for American market also increased to ◯ million.

6:主語が地名

気をつけないといけないことが1つあります
「America incerased ・・・」はNGです

アメリカは増えない
アメリカ増えたらツーアメリカだよHAHAHAHA!!!

ってアメリカ人に笑われちゃいます

なのでこのような書き方になります

Example
例1:America experienced the singficant rise in the number of people who ・・・

例2:Tokyo is expected to be the largest city which has ・・・・

おそらく地名が一番やっかいだと思います
使い方を間違えるとダイレクトに減点対象になってしまうので

「アメリカは・・・を経験した」 「東京は最も・・・な国である」

のような用法が望ましいです

各BODYパラグラフで色んな主語を使う

6種類の主語をまんべんなく使用すれば

かなりライティングの幅が出ます

主語の他にも手が止まってしまう「ライティングの壁」はありますが

まずは主語をマスターすることをオススメします

またこれからのライティングのまとめしますのでのぞいて下さい!