LIFEPORT

人生に良い悪いはない。来た道進む先が違うだけ。

【駐在日記Vol.6】全ては英語を勉強してから始まった

f:id:ayame253:20180104193944p:plain

駐在生活ってもっと華やかかと思っていたのですが

ゴリゴリに残業して毎日タクシー帰りな日々を過ごすguriguraです

今日はちょっとだけ昔を振り返ります

あわせて読みたい【駐在日記シリーズ】


こんな人にオススメ
1)海外転勤や駐在に興味がある人

2)社会人経験7年目〜10年目くらい、または25歳〜35歳くらいの人

3)自分に自信がない人・人生を変えたいと思っている人

4)Guriguraに興味がある人

仮想通貨勉強する暇があったら英語勉強しよう

自分を変えたかった

f:id:ayame253:20180217174932j:plain

社会人になって英語を勉強する理由は色々あると思うけど

僕が英語を(本気で)勉強した理由は

「自分を変えたい」

でした

会社にはエクセルが鬼畜うまい奴や学生起業してた奴、

顔面が恐ろしく整っている奴、何にせよなんかスペシャルを持った奴がごろごろいました

こちとら大学生活4年間、体育館で竹刀振ってるか居酒屋でようこそ叫んでるかしかなかったので

はっきりいって役立つスキルは無し。からっぽでした

そんな中、社会人3年目のこと
追い討ちをかけるように会社からTOEIC800点必須のお達しが届きました

詰んだと思いました
当時の点数は420点でした

上司からは「gurigura、転職先探すか」とバカにされました

こいつは冗談で言ったつもりでしょうが
僕は割と傷つき、同時に殺意混じりの硬い覚悟が芽生えました

「このゴミ野郎はもとより、この営業部で一番高い点数取ったる」

800点?

冗談じゃねえ

900点だ

その後すぐ一人暮らしの家にあったプレステ2を捨てて英語学校に通い
暇さえあれば単語を覚えまくりました

あれから7年が経つし、7年を長いと取るか短いかと取るかは別として
あの部署にいた誰もまさか7年後僕が駐在員になるとは夢にも思わなかっただろう

そういう意味ではあのゴミには感謝しないといけない

何も持たない凡人が
スペシャルを手に入れるきっかけをくれたのはその上司のおかげだからです

僕が手に入れたスペシャル

それは「英語」ではありません

「努力の人」という評価でした

変わったのはTOEICの点数ではなく周りの評価

f:id:ayame253:20180217175001j:plain

僕の会社には帰国子女がたくさんいます

というか秋採用で外国籍の社員もわんさか入ります

おそらく彼らを含めて10年間の新卒社員の数は約3,000人

開発の人やそういったほぼ外国人を含めて
おそらく海外駐在をしているのはたぶん5人から10人くらい

ほぼ奇跡と言ってもいいレベルの確率です

だから絶対に英語力なんかで
この駐在のチケットを手にしたってことはなくて

じゃあそれが何かっていうと
僕はアホですがバカではないので会社で何て評価されてるかは自覚していて

それはきっと「努力の人」っていう評判
この評価が「こいつなら海外に出してもやってくれるだろう」という判断につながっていると思う

というかそれしかない

なぜってそれしかスペシャルがないから

周りが800点を目指している時に900点を目指し
(ムカつく上司を見下したかったってだけ)

900点を取ってもなぜかIELTSを勉強し
(会社辞めて留学しようとしてただけ)

英語で勉強の火がついたのかITの資格を3つくらい取った
(フラれて暇だった)

結果、噂が噂を駆け巡り

「鬼のように勉強をする、すごい努力家」ということを本人でも耳にするようになった

実際、鬼のように勉強したけど別に自分のことを努力家だとは全く思わないし
努力を評価すること自体おかしいというスタンス

だけど結局のところ
会社が何か大きなチャンスを誰かに与えること

それは会社にとっては”投資”であって

今が頭打ちな銘柄ではなく

これからも伸びていきそうな”成長銘柄”に投資をしたいと思ったのだろう

そういう意味でこの「鬼のように勉強をする、すごい努力家」という評価は
”投資先”に選んでもらえる大きな理由になったんだと、個人的にそう思ってます

英語を勉強して

英語が聞こえるようになった

英語が話せるようになった

でも一番大きな収穫は

チャンスをものにする高い評価を手にしたことでした

チャンスを掴みたい奴は「早くやる」か「多くやる」

f:id:ayame253:20180217175016j:plain

僕は全くもって凡人も凡人

ほーーーーーーーーーーーーーんとにふっつーのサラリーマンなのですが

唯一

1個だけ誇れることがあるとすれば

人よりもちょっとだけ「早く」かつ「多く」やる癖があることです

それは営業成績でもそう

で英語でも結果そうでした

周りが800点目指している中、1人で900点目指してやってますので
やることは多いですし結果人よりも早く800点に到達しました

たかが100点ですけどこの差はかなりでかいと思います

これは何もTOEICや英語に限ったことではなくて
人よりもちょっとだけ「早く」かつ「多く」やると絶対目立ちます

特に会社で英語をやれって言われて
自分の意思で勉強している人にお伝えしたいことは

やるなら人よりも「早く」かつ「多く」達成した方がいいってことです

きっと”おまけ”がついてくるはずです

全ては英語を勉強してから始まった

f:id:ayame253:20180217175028j:plain

社会人3年目に「自分を変えたい」と思い始めた英語

23、24歳になって現在完了とか不定詞とか勉強してたなんて
今の僕を表面的に見たら絶対わかんないと思う

英語を勉強する中でかけがいのない出会いもあった

ひょっとしたら英語を勉強することで
仕事にも良い影響が起こっていたかもしれない

拡大解釈すぎるかもしれないけど
僕の人生は英語で変わった

全ては英語を勉強してから動き出したと思う

まだまだ発音はう○こレベルですし

おっしゃもう俺は1人でアメリカでやってやるんだとか絶対言えません

引き続き勉強の身、むしろ率先して勉強しろって感じなのですが

ふとこれまでの社会人人生を振り返ると
かならずこの思いに戻るのでブログでも一回これについて書いて見ました

何か気分を害するようなことが書いてあったらすみません

今日はこんな感じでした

おわり

※写真のヒゲのおっさんは僕と一切関係はありません

次号に続く